佐藤洋祐研究室


指導教員

教授 Ph.D 佐藤洋祐 Yosuke Sato


卒研ゼミ・大学院ゼミの内容

[計算機代数]

計算機代数(Computer Algebra)とは数式処理システムの基礎となっている数学の分野です。 数式処理システムとは微分、積分、因数分解、方程式の解法などの計算を厳密におこなうソフトウェアです。身近なものとしては、私がプログラミング1や代数学3の講義でよく使用するMathematicaがこれにあたります。わが研究室では毎年多くの学生が計算機代数の勉強・研究をしています。計算機代数の研究の目的は、色々な代数的演算に対して効率的アルゴリズムを開発し、プログラムを書き、種々の分野の計算に役立てることです。そのためには多くの数学理論が必要になります。最近の数式処理システムは、多項式環の数学理論に基づいて設計されています。そこでは、グレブナー基底とよばれるものが重要な役割を果しています。卒研ゼミ及び大学院ゼミでは、グレブナー基底の理論の理解と応用を中心に計算機代数に関係した勉強・研究をおこないます。

[数学基礎論]

数学基礎論を勉強したいという人があればゼミを開きたいと思います。 担当教員が青春のすべてを傾けて博士号を取得した分野です。

2016年度メンバー

修了生・卒業生


数理情報科学科のホームページへ


東京理科大学ホームページへ